響け! 平和の鐘    広島の空に 世界の空に

home/peaceBell.gif

広島市中央公園の中にあるハノーバー庭園の南側に、高さ9メートルの塔に吊り下げられたベル型の鐘が、ひっそりとたたずんでいます。
昭和24年(1949年)8月6日の第3回広島平和祭(現在の平和記念式典)で鳴らされた、現存する最古の「平和の鐘」であり、借り物でない初めての自前の「平和の鐘」でした。

この鐘は、その年に広島銅合金鋳造会(13業者)が焼け跡から集めた金属を溶かし込んで鋳造し、広島市に寄贈したものです。
しかし、第3回広島平和祭で一度だけ鳴らされた後使われることがなく、ながく忘れられた存在でした。

詳しくは、こちらをご覧ください


戦後すぐの混乱と資材不足のなかで、「原爆死没者の霊を慰めるため」「命をかけて」鋳造した鐘です。
中央公園の片隅で、戦後の広島の復興を見守ってきた生き証人でもあります。

わたしたちは、その存在に気づいて、平成27年(2015年)から毎年8月6日にこの鐘を撞く活動をはじめました。

鐘を鋳造した当時の人々の祈りの気持ちと気概を偲びながら、わたしたちもまた、これからの世界の平和に向けて、この鐘を高らかに打ち鳴らしたいと思います。

報告とお礼

令和元年8月6日、台風の影響による雨の中でしたが、約100名の皆様のご参加をいただき厳粛に式典を開催しました。
元広島市長・平岡 敬さまが初めて参加され、「この鐘を鳴らす想いを平和活動につなげてゆくことが大切です。この心が集まって核兵器廃絶が出来る・・・」と力強く鐘を鳴らして挨拶されました。
こどもの言葉は、鐘のデザインをされた郷土の日本画家・片田天玲画伯のひ孫・亀尾美結子さんが、鐘への想いを心込めて元気に朗読。最後に、大上義輝氏の指揮により広島合唱同好会の皆さんが「平和の太陽」を高らかに歌い上げました。

    ♪ ぼくたちの世界  明るい世界
         わたしたちの未来 美しい未来
             世界に注ぐ    あたたかい光 ♪

ご参加いただいた多くの皆様ならびに式典開催にご支援・ご協力いただいた方々に、心から感謝申し上げます。

響け!平和の鐘 実行委員会